2015.06.23

スコットランドの“怖すぎる”クラブマスコットが世界中で話題に

GLASGOW, SCOTLAND - JUNE 22: (L-R) Ian Maxwell, Mike Wilkins and artist David Shrigley attend a photocall as Partick Thistle announce a two-year sponsorship deal with Kingsford Capital Management at Firhill stadium on June 22, 2015 in Firhill, Glasgow, Scotland. British artist David Shrigley was commissioned to design Partick Thistle's new mascot. (Photo by Jeff Holmes/Getty Images)
“怖すぎる”クラブマスコット、キングスレイくん [写真]=Getty Images

 スコットランド1部リーグのパーティック・シッスルが22日に発表した新マスコットが、世界中で「怖すぎる」と話題となっている。

「やあ、みんな!」

 クラブ公式ツイッター上で発せられた陽気な第一声とは裏腹に、お披露目された新マスコット『キングスレイ』くんのルックスは何ともエキセントリック。英BBC SPORTやテレグラフ紙が「恐ろしい新マスコット」と見出しを打ち、米CNNは「リサ・シンプソンの突然変異」と、アニメ『ザ・シンプソンズ』のキャラクターを持ち出して彼を紹介している。

 ツイッター上でも、多くのサッカーファンが反応。「悪夢を具現化したようだ」「自分が子供だったらチビってる」「死んだような目」「ポケモンの悪者キャラみたいいだ」「今日が4月1日かチェックしないと…」などなど、話題沸騰となっている。

 そんなキングスレイくんをデザインしたのは、英国の著名な現代アーティストであるデイヴィッド・シュリグリー氏。グラスゴー在住でパーティック・シッスルのサポーターである彼は、アメリカで出会ったビジネスマンに愛するクラブの魅力を力説。そのビジネスマン、マイク・ウィルキンス氏はキングスフォード・キャピタルという投資会社の重役であり、両者が意気投合したことで、同社がパーティック・シッスルのスポンサーとなることがトントン拍子で決まったのだという。

 さらに、アートに造形が深いというウィルキンス氏は、ユニフォームの胸に載せるキングスフォード・キャピタル社のロゴが「ありきたりでは無視されてしまう」と考え、シュリグリー氏にアーティスティックな新ロゴの製作を依頼。そうして生まれたのがキングスレイくんのデザインであり、クラブはロゴだけでなくスタジアムでファンを楽しませるマスコットキャラクターとしても、彼を採用する運びとなった。

 シュリグリー氏はキングスレイくんについて、「スコットランドはあまり太陽が見られない。だからこそポジティブの象徴である太陽をモチーフにした」と意図を説明し、「きっとみんなを楽しませることができるだろう」と自信を語る。ウィルキンス氏も、「何か変化が欲しかった。これを見れば、クラブで何か新しいことが起こるのではと期待してもらえる。うまくいったよ」とニヤリ。

 たしかに、何とも言えないトリッキーな容姿のキングスレイくんだが、一度見たら忘れられないインパクトがあるのも事実。こうして世界中でクラブのことが話題になっている時点で、パーティック・シッスルのPRは大成功なのかもしれない。

(記事/Footmedia)

欧州順位ランキング

マンチェスターC
6pt
マンチェスターU
6pt
ハル
6pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
3pt
Rマドリード
3pt
セビリア
3pt
欧州順位をもっと見る
ローマ
3pt
ジェノア
3pt
キエボ
3pt
欧州順位をもっと見る