2015.03.05

最期の願いはクラブの勝利…不治の病を抱えたファンが人生最後の試合観戦

Jupiler Pro League - "Club Brugge v Standard Liege"
クラブ・ブルッヘの本拠地ヤン・ブレイデルスタディオン [写真]=VI-Images via Getty Images

 不治の病を抱えたあるファンが安楽死の処置を受ける前に人生最後の試合を観るためにベルギー1部リーグに属するクラブ・ブルッヘのスタジアムを訪れた。イギリス紙の『デイリーミラー』が報じている。

 1日、クラブ・ブルッへの熱心なファンである41歳のロレンゾ・シューンバルト氏は、7歳の娘とともにクラブから招待された。スタジアムに着いたロレンゾ氏、試合前に待ち受けていたのは2万人の観客から拍手による熱烈な歓迎だった。

 ロレンゾ氏はこの20年間に37回の手術を受け、主治医に回復の見込みはないと診断されていた。そのため、ベルギーの法律に則り主治医から安楽死を受けるよう勧められていた。

 しかし、ロレンゾ氏は安楽死を受け入れる前に、応援しているクラブ・ブルッヘの勝利試合をスタジアムで観ることを願っていたため、処置を延期しスタジアム観戦に訪れた。同氏がスタジアムのVIP席で見届ける中、クラブ・ブルッヘは望み通り、3-0で勝利を収めている。

 ロレンゾ氏は試合後、「死ぬ前にチームが勝利をあげるのをスタジアムで見ることが私の最期の願いだったんだ。私はこれ以上ないくらい幸せだ。娘にとっても一生の想い出になるだろう。最期の願いは果たされたし、平穏の中で死を迎えることができると思う。天国からでもクラブの勝利を祝うつもりだよ」と涙ながらに語った。

 そして、試合翌日の2日の夜、ロレンゾ氏は安楽死の処置を受けて亡くなった。同氏は遺書で関係者に感謝の言葉を綴っている。

「暖かいスタンディングオベーションで私を迎えてくれた全てのクラブ・ブルッへのサポーターに心から感謝している。みなさん、ありがとう。私はいつも君たちと供にいる(You’ll Never Walk Alone)」

 リヴァプールのサポーターが大合唱することで有名な「You’ll Never Walk Alone」を、クラブ・ブルッヘのサポーターたちも歌う。クラブ・ブルッヘの熱心なファンであるロレンゾ・シューンバルト氏は、クラブへの想いとともに天国へと旅立った。

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る