2014.11.19

元デンマーク代表レーヴェンクランズが現役引退「誇りに思う」

レーヴェンクランズ
昨季までバーミンガムでプレーしていたレーヴェンクランズ [写真]=Getty Images

 レンジャーズやニューカッスルなどでプレーした元デンマーク代表FWペーター・レーヴェンクランズが、自身のツイッターで現役引退を表明した。

 今夏、2年在籍していたバーミンガムを離れ、無所属の状態が続いていた34歳のレーヴェンクランズは、複数の移籍先が候補に挙がっていたが、現役引退を選択。同選手は自身のツイッターで「今日、僕は引退を発表するよ。自分のキャリアで、成し遂げてきたもの全てを誇りに思っている」とコメントした。

 コペンハーゲンでプロ選手としてのキャリアをスタートさせたレーヴェンクランズは、レンジャーズ時代にリーグ制覇などを経験。また、同クラブ在籍時の2005-06シーズンには、チャンピオンズリーグで4ゴールを記録する活躍を見せた。その後、シャルケ、ニューカッスルでプレーし、2012-13シーズンからはバーミンガムに所属していた。デンマーク代表としては、2002年の日韓ワールドカップや、ポルトガルで開催されたユーロ2004などに出場している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
レアル・マドリード
45pt
アトレティコ・マドリード
44pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る