2014.08.17

柿谷は2戦連続先発も途中交代…バーゼルはシオンに競り勝ち

 スイス・スーパーリーグ第6節が17日に行われ、シオンと日本代表FW柿谷曜一朗の所属するバーゼルが対戦。柿谷は2試合連続で先発出場となった。

 試合は開始20秒、バーゼルが自陣からのロングボールをマルコ・シュトレラーが頭でそらし、シュケルツェン・ガシにチャンスが訪れたが、シュートは相手GK正面をついた。14分にはペナルティエリア内右で柿谷がシュートを放つシーンがあったが、枠の左へ大きく外れた。

 迎えた19分、右サイドからのクロスをガシがファーサイドでダイレクトに合わせる。これはミートしきれず、高くバウンドしたボールにつめたシュトレラーのヘディングは相手DFのブロックでポストに阻まれたが、最後はガシが跳ね返りを押し込み、バーゼルが先制する。

 31分には右CKのクリアボールをモハメド・エル・ネニーがダイレクトボレーで狙うもクロスバーを直撃してしまったバーゼル。シオンもカウンターやセットプレーでチャンスをうかがうが、前半はバーゼルの1点リードで終える。

 後半に入り55分、バーゼルは柿谷に代えてマティアス・デルガドが投入される。その3分後、バーゼルはデルガドのスルーパスを受けたシュトレラーがエリア内左から左足のシュートをゴール右へ決めて、追加点が生まれる。

 一方のシオンも69分にオヴィディウ・ヘレアが1点を返すと、6分後にはPKを獲得。これをカルリートスがしっかりと決め、同点に追いついた。それでもバーゼルは84分、左CKをショートコーナーで再開するとゴール前の混戦からガシがヘディング。浮いたボールをシオンのGKアンドリス・ヴァニンスが触りながらも弾ききれず、ボールはそのままゴールインし、終盤に勝ち越したバーゼルが3-2で勝利した。

 バーゼルは2試合ぶりの白星。31日に行われる次節ではFW久保裕也所属のヤング・ボーイズと対戦する。

【スコア】
シオン 2-3 バーゼル

【得点者】
0-1 19分 シュケルツェン・ガシ(バーゼル)
0-2 58分 マルコ・シュトレラー(バーゼル)
1-2 69分 オヴィディウ・ヘレア(シオン)
2-2 75分 カルリートス(PK)(シオン)
2-3 84分 オウンゴール(アンドリス・ヴァニンス)(バーゼル)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る