2014.08.04

海外デビューの柿谷、地元メディアの寸評は「日本人記者をホッとさせた」

FC Basel Presents New Player Yoichiro Kakitani
バーゼルのチームメイトと練習に励む日本代表FW柿谷曜一朗 [写真]=Getty Images

 スイス・スーパーリーグ第3節が2日に行われ、トゥーンと日本代表FW柿谷曜一朗が所属するバーゼルが対戦。リーグ戦初のベンチ入りをした柿谷は、78分にリーグ戦デビューも果たした。

 スイスメディア『Tages Woche』が同試合の採点と寸評を発表。柿谷については、「出場時間が短すぎた」として採点はなく、寸評だけとなった。

■柿谷曜一朗(バーゼル)
対トゥーン戦(3-2○)、78分からの出場
採点:なし
寸評:ようやくバーゼルの選手として初めてピッチに立ち、日本人記者をホッとさせた。エルネニーと交代で出場すると、すぐに相手PA内へと攻め込んだ。恐らく、肩に相手DFシュテファン・グラルナーの手がかかったことを感じたのだろうが、PKはもらえず。ボールタッチ数と、試合後のインタビュー数の比は、1:6だった。採点するには、出場時間が短すぎた。

 スイスメディア『Tages Woche』は、バーゼルに本社を置く、ドイツ語のオンライン・ニュースペーパーで、金曜のみ紙媒体を発行している。

欧州順位ランキング

アーセナル
34pt
チェルシー
34pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
33pt
ライプツィヒ
33pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
31pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る