FOLLOW US

メキシコ、カメルーンとの雨中決戦制す…前半判定に苦しむもペラルタ弾

先制点が決まり、喜ぶメキシコ代表の選手たち [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が13日に行われ、グループAではメキシコ代表とカメルーン代表が対戦した。

 大会初日に同組のブラジルがクロアチアを3-1で退けた結果を受け、迎えた一戦。メキシコは主将のラファエル・マルケスやジオバニ・ドス・サントスらが先発となり、ハビエル・エルナンデスはベンチスタート。カメルーンはサミュエル・エトーやステファーヌ・エムビアらがスタメンとなった。

 雨が激しく降る中行われた試合は、序盤から多くのサポーターの声援に後押しされたメキシコがペースを掴む。パス回しとサイド攻撃からチャンスをうかがうと11分、エクトル・エレーラが右サイドからDFラインとGKの間にアーリークロスを送り、ドス・サントスが合わせたが、オフサイドでノーゴールの判定となった。カメルーンも16分にCKからゴール前の混戦となり、最後ネットを揺らしたが、こちらもオフサイドだった。

 徐々に盛り返すカメルーンは21分、ブノワ・アスー・エコトが左サイドをドリブルで持ち上がると、クロスに中央でエトーが合わせたが、ゴール左にわずかに外れた。対するメキシコは27分、右サイドでFKを獲得し、アンドレス・グアルダードがDFラインとGKの間に送ったボールにマルケスが合わせたが、わずかにミートできず。

 30分にも左CKを得ると、ゴール前に送られたボールをニアサイドでカメルーンのエリック・マキシム・シュポ・モティングが触り、ファーサイドに流れたところをドス・サントスがヘディングで押し込んだが、これもオフサイドの判定を取られて、得点ならず。メキシコが再び攻勢をかけるが、前半はスコアレスで折り返す。

 ハーフタイムにカメルーンは、セドリック・ジュグエに代えてダニー・ヌンクーがピッチへ。48分にメキシコは後半最初のチャンス。ドス・サントスのワンタッチパスに抜け出したペラルタがペナルティエリア内右へ抜け出したが、シュートはGKシャルル・イタンジュに阻まれる。58分、カメルーンはゴール正面でFKを得ると、アスー・エコトが狙い、壁に当たったボールがGKの逆を突いたが、ゴール左へ外れた。

 迎えた61分、メキシコが右サイドでパス交換をして前進すると、エレーラが中央のドス・サントスへパス。ドス・サントスのエリア内でのシュートはGKイタンジュに阻まれたが、こぼれ球をオリベ・ペラルタが押し込み、先制に成功する。

 リードしたメキシコはグアルダードを下げてマルコ・ファビアン、得点したペラルタに代えてエルナンデスを相次いで投入する。1点を追うカメルーンも中盤のアレクサンドル・ソングに代えてFWのピエール・ウェボを送り込む。カメルーンはメキシコを終盤押し込み、91分にはアスー・エコトの左クロスをベンジャミン・ムカンジョがヘディングで狙うが、GKギジェルモ・オチョアがセーブ。試合はそのまま終了し、メキシコが1-0で勝利した。

 グループA第2節でメキシコは17日にブラジルと、カメルーンは18日にクロアチアと対戦する。

【スコア】
メキシコ 1-0 カメルーン

【得点者】
1-0 61分 ペラルタ(メキシコ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO