2012.09.19

宮本恒靖氏がFIFAの大学院“FIFAマスター”に入学「日本サッカーに価値ある貢献を」

FIFAマスターへ入学した宮本恒靖氏

 昨年、現役を引退した元日本代表DF宮本恒靖氏が、FIFA(国際サッカー連盟)主催の大学院である“FIFAマスター”に入学した。『FIFA.com』が宮本氏のコメントとともに伝えている。

 宮本氏は、「選手としてピッチ上で多くのことを見て、学んできました。今はサッカーを違った視点から捉えたいと思っています。ここで学ぶことによってスポーツの側面として関係性を持つ人文科学や経営、法律などの国際的な環境を学んでいきます。そうすれば日本サッカーの地位向上に価値ある貢献をするため、新しい手段を得られると思います」と将来的な日本サッカーへの貢献を誓っている。

 続けて、「長きにわたり、我が国でのナンバーワンのスポーツは間違いなく野球でした。でも幸運なことに、近年サッカーを愛してくれる人が増えてきています。FIFAマスターになって、国際的なネットワークを作ることは、将来的な自分のキャリアに、大きな助けとなるし、新しいアイデアの創出につながると思います。FIFAマスターになることでさらにエキサイティングに、ヨーロッパの文化に深く根ざしたサッカーに触れられると思っています」と国際的な活動を視野に入れている。

 

[写真]=足立雅史

 

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
49pt
レスター
39pt
マンチェスター・C
35pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
ボルシアMG
31pt
ドルトムント
29pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
35pt
レアル・マドリード
35pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
39pt
ユヴェントス
39pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング