2018.07.12

クロアチア代表DF、自身のパフォーマンスを誇る「世界最高の一人」

デヤン・ロヴレン
決勝進出に貢献したロヴレン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 クロアチア代表DFデヤン・ロヴレン(リヴァプール)が、自身への批判に反論した。12日、イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 クロアチアは11日、2018 FIFAワールドカップ ロシア準決勝でイングランド代表と対戦。試合開始早々、直接FKから先制点を奪われたものの、68分にイヴァン・ペリシッチのゴールで追いつくと、延長後半109分にマリオ・マンジュキッチが決勝点を決め、2-1で勝利した。

 イングランドのエースであるFWハリー・ケイン(トッテナム)やFWラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)らを封じ、勝利に貢献したロヴレンが、自身のパフォーマンスに言及した。

「僕にとっては少し特別なことだよ。僕は難しいシーズンを過ごしたと言われてきたが、そのことには全く同意しない。リヴァプールではチャンピオンズリーグ決勝へと導き、今は代表チームでW杯決勝に進出した。おかしなことを話すのではなく、僕が世界最高のディフェンダーの一人であることを人々は認めなければならない」

「このこと(決勝進出)を忘れることはないだろう。泣いている人もいた。僕たちは20年前の記録を破ったんだ。プレッシャーは常に感じていたが、今では僕たちのことを忘れる人はいないだろう。さらなるいい結果を残せるチャンスを迎えている。そしてそれは可能だと思っている」

 史上初の決勝進出を果たしたクロアチアは15日、フランス代表と対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る