2014.06.29

W杯での活躍でビダルの移籍金が上昇…バイエルンが獲得意思見せる

ビダル
W杯での活躍により評価を挙げているビダル [写真]=Getty Images

 バイエルンがユヴェントス所属のチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル獲得のための移籍金を増額しているようだ。イタリアメディア『FootballITALIA』が29日に報じている。

 イタリア大手メディア『Mediaset』によると、ビダルはチリ代表として出場した、ブラジル・ワールドカップで評価をさらに上げており、同選手の獲得を狙うバイエルンはユヴェントスに対し、4000万ユーロ(約55億円)のオファーを提示していると見られている。

 しかし、ユヴェントスは最低6000万ユーロ(約83億円)を要求しており、両者の間には大きな壁が存在している模様だ。

 ワールドカップで活躍を見せたビダルの獲得には、レアル・マドリードやマンチェスター・U、チェルシーなども興味を示している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る