2014.06.27

スアレスへの処分に対してウルグアイサッカー協会が上訴へ

スアレス
FIFAから代表戦9試合の出場停止処分などを受けたスアレス [写真]=Getty Images

 ウルグアイサッカー協会は26日、同国代表FWルイス・スアレスの『噛みつき行為』に対するFIFA(国際サッカー連盟)の処分に関して、上訴することを明らかにした。イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 スアレスは、24日に行われたブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節で、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに噛みついたとして、代表戦9試合の出場停止と4カ月間のサッカーに関わる全ての活動禁止、10万スイスフラン(約1100万円)の罰金をFIFAから科された。

 この処分を不服とし、ウルグアイサッカー協会は上訴する模様。同協会のヴィルマール・バルデス会長は「十分な証拠がない。どのような議論が行われたのかは分からない。だが、スアレスに対して厳しすぎる処分だ」とコメントしている。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る