2014.06.21

“死の組”最初の突破はまさかのコスタリカ、イタリア完封で連勝

B・ルイス
前半終了間際に先制点を決めたブライアン・ルイス [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節が20日に行われ、グループDではイタリア代表とコスタリカ代表が対戦した。

 初戦で白星を挙げた両チームの対戦。イタリアはジャンルイジ・ブッフォンとアンドレア・バルツァッリが復帰。初戦に途中出場したチアゴ・モッタとともに先発に名を連ねた。一方のコスタリカは、ウルグアイ戦からスタメンを変えずに試合に臨む。

 序盤はコスタリカが優位に進めて7分、左CKからセルソ・ボルヘスが頭で合わせたが、枠を捉えられず。試合は徐々にイタリアペースに。27分、アンドレア・ピルロのロングフィードをマリオ・バロテッリが落とし、モッタがミドルシュートで狙うが枠の左へそれた。

 イタリアは31分、またもピルロのフィードから飛び出したバロテッリがGKとの1対1でループシュートを選択したが、しっかりミートできず。2分後にもピルロの縦パスからモッタが頭でコースを変え、バロテッリがゴール正面から右足を振り抜いたが、GKケイラー・ナバスが抑えた。

 コスタリカは36分、クリスティアン・ボラーニョスがミドルシュートを放つが、ゴール右へ飛んだボールはGKブッフォンが弾く。42分にもブライアン・ルイスの右クロスをオスカル・ドゥアルテがバックヘッドで狙ったが、クロスバーを越えた。直後にはイタリアのミスからジョエル・キャンベルがドリブルを仕掛け、ペナルティエリア内でジョルジョ・キエッリーニに倒されるも、ノーホイッスル。

 このまま前半終了かに思われた44分、左サイドからのジュニオール・ディアスからのクロスをファーサイドのルイスが、ヘディングで合わせると。クロスバーに当たるも跳ね返りがゴールラインを割っており、コスタリカが先制に成功して試合を折り返す。

 イタリアを率いるチェーザレ・プランデッリ監督は、ハーフタイムにモッタを下げ、アントニオ・カッサーノを投入する。51分、イタリアは左サイドからダルミアンが右足のミドルシュートを打つが、GKナバスが右手1本で弾く。2分後には、ピルロがFKを直接狙ったが、GKナバスの守備範囲だったが。

 イタリアは57分、アントニオ・カンドレーヴァに代えてロレンツォ・インシーニェを投入する。コスタリカは68分にイェルツィン・テヘダを下げ、ホセ・ミゲル・クベロを送り出すと、イタリアは直後にクラウディオ・マルキジオとアレッシオ・チェルチを代え、全ての交代枠を使い切る。

 コスタリカはキャンベル、ルイスを下げ、マルコ・ウレーニャとランダル・ブレネスを相次いで投入し、守備を固めつつ、カウンターを狙う形を明確にする。その後、コスタリカ守備陣はイタリアの攻撃をシャットアウト。1-0で勝利した。

 コスタリカは連勝を飾り、勝ち点を6として決勝トーナメント進出を決めた。24日に行われるグループ最終節でコスタリカは敗退の決まったイングランド、イタリアは決勝トーナメント進出残り1枠を勝ち点で並ぶウルグアイと争う。

【スコア】
イタリア 0-1 コスタリカ

【得点者】
0-1 44分 ブライアン・ルイス(コスタリカ)

欧州順位ランキング

マンチェスターC
6pt
マンチェスターU
6pt
ハル
6pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
3pt
Rマドリード
3pt
セビリア
3pt
欧州順位をもっと見る
ローマ
3pt
ジェノア
3pt
キエボ
3pt
欧州順位をもっと見る