2014.05.24

アメリカ代表監督の息子、ドノヴァン落選でツイッターに不適切発言

ユルゲン・クリンスマン
2011年からアメリカ代表を率いるユルゲン・クリンスマン監督 [写真]=Getty Images

 アメリカ代表を率いているユルゲン・クリンスマン監督は、ブラジル・ワールドカップに臨む代表最終登録メンバーにロサンゼルス・ギャラクシーに所属するFWランドン・ドノヴァンを選出しなかった。これに対し、同監督の息子ジョナサン・クリンスマンがツイッターで不適切な発言をし、問題になっている。アメリカのサッカーサイト『Soccerly』が報じている。

 U-18アメリカ代表のゴールキーパーでもあるジョナサンはツイッターで「はははははは、ドノヴァン、はははは。僕の携帯が通知するまで気づきもしなかった。ははは」と発言している。

 彼は、アメリカ代表最多得点記録を持つドノヴァンに対して無礼な発言をするだけでなく、発言の撤回や、謝罪もなく、直後にツイートを消し、アカウントも削除している。

 近年、若者がツイッターでの不適切な内容を発信してしまうケースが相次いでいるが、今回もU-18アメリカ代表で、A代表の監督をする父を持つ彼が、配慮に欠く発言をツイッターで全世界へ発信してしまった。ツイッターを使用する人々、特に若者にとっては、世界に発信し、如何なる人でも見られるという意識と発言に対しての配慮を持たなければならない。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る