2014.05.11

長友佑都、サネッティとの一番の思い出は「やっぱり御辞儀」

458910631aaa
サネッティ(左)と長友(右) [写真]=Getty Images

 セリエA第37節が10日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルは、ホーム最終戦でラツィオと対戦し、4-1と快勝した。

 フル出場した長友は、3点目をアシストして勝利に貢献。試合後に、今シーズン限りでの現役引退を表明しているアルゼンチン代表DFハビエル・サネッティとのエピソードを明かした。

 長友はインテルに加入した2011年からの3年半における一番の思い出について、「やっぱり、御辞儀(パフォーマンス)」と挙げるとともに、加入当初の秘話を語った。

「一番印象に残っているのは、僕が一番初めにインテルに来て、一番初めに練習場のロッカールームに入っていった時に、本当にすごい選手がいる中でサネッティが御辞儀をしてくれた。それが僕にとって早くうちとけた要因でもあったので。すごいそれが印象に残っている」

 長友自身、今シーズンはキャプテンマークをつけてプレーする試合もあったが、「つけた時に正直、こんなに重いものなのかと」とコメント。「インテルを背負うこと、100年以上の伝統があるこのチームで、キャプテンマークを背負うことはこんなに重いんだなと。言葉が見つからない。でも本当に重かった。いろんなものが詰まっていました」と明かした。

 長友は今シーズンのセリエAで、34試合に出場し、5ゴールを挙げている。

欧州順位ランキング

マンチェスターC
9pt
チェルシー
9pt
マンチェスターU
9pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
3pt
ウォルフスブルク
3pt
ケルン
3pt
欧州順位をもっと見る
ラスパルマス
6pt
バルセロナ
6pt
Rマドリード
6pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
6pt
ナポリ
4pt
ローマ
3pt
欧州順位をもっと見る