2014.04.21

香川が先発出場のマンU、11敗目で来季のCL出場が消滅

香川真司
先発出場した香川真司(左) [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第35節が20日に行なわれ、エヴァートンと日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uが対戦。香川は先発出場した。

 アウェー戦に臨んだマンチェスター・Uは、ボールを保持するが、チャンスを作り出せない。19分には、エヴァートンのスティーヴン・ネイスミスの放ったシュートがペナルティエリア内でジョニー・エヴァンズの手に当たったが、ハンドの判定は取られなかった。しかし、28分にロメロ・ルカクのシュートがペナルティエリア内でフィル・ジョーンズの手に当たったことで、PKを献上。レイトン・ベインズにゴール正面に蹴り込まれ、先制点を許した。

 敵地でビハインドを負うと、43分にカウンターから再び失点。シェイマス・コールマンのパスからケヴィン・ミララスにディフェンスラインを抜け出され、シュートを流し込まれた。

 前半を2点差で折り返すと、48分にセットプレーのこぼれ球から香川がミドルシュートを放ったが、GKのセーブに遭う。59分にも左サイドのクロスから香川がヘディングシュートを狙ったが、得点とはならなかった。

 追いかけるマンチェスター・Uは、61分にアントニオ・バレンシアとハビエル・エルナンデスを同時に投入。75分には香川に代えて、ダニー・ウェルベックをピッチに送り出した。ところが、選手交代でも打開まで至らず。最後までエヴァートンゴールを割れずに、0-2と完封負けを喫した。

 マンチェスター・Uはリーグ戦3試合ぶりの黒星で、今シーズンの11敗目。未消化分を含め、残り4試合でチャンピオンズリーグ出場権獲得圏内の4位とは勝ち点13差となったため、来シーズンはチャンピオンズリーグ出場を逃すことになった。

【スコア】
エヴァートン 2-0 マンチェスター・U

【得点者】
28分 ベインズ(エヴァートン)
43分 ミララス(エヴァートン)

欧州順位ランキング

チェルシー
9pt
マンチェスターU
9pt
エバートン
7pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
3pt
ウォルフスブルク
3pt
ケルン
3pt
欧州順位をもっと見る
Rマドリード
6pt
デポルティボ
4pt
レガネス
4pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
6pt
ナポリ
4pt
ローマ
3pt
欧州順位をもっと見る