2014.02.10

インテルでキャプテンマークつける長友「感謝の気持ちを常に持つ」

468150595ain
サポーターの声援に応える長友佑都 [写真]=Getty Images

 セリエA第23節が9日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルは、ホームでサッスオーロと対戦。1-0で、2014年初勝利となる公式戦7試合ぶりの白星を挙げた。

 長友はフル出場するとともに、途中交代したアルゼンチン代表DFワルテル・サムエルに代わり、80分からキャプテンマークをつけた。

 長友は試合後、キャプテンマークについて問われると、「この大きなクラブを背負うという意味で、キャプテンマークをつけなければわからない責任感であったり、そういうものは強く感じる」と答えるとともに、自身の心掛けていることを明かした。

「サポーターの皆さんがいて自分たちがいることを、常に忘れてはいけない。どんなに自分たちの調子が悪くてブーイングが起ころうと、汚い言葉が飛んでこようと、心の中にある感謝の気持ちを常に持たなければいけないなと思っている。(前節に)ユヴェントス戦で負けた後もみんなを引きつれてあいさつに行こうということで、ああいう姿勢は僕は絶対に大事だなと思う」

 長友はインテルで4シーズン目を迎え、今シーズンのリーグ戦では22試合に出場して、チーム2位の5ゴールを挙げている。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
31pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る