2016.03.25

“皇帝”もクライフ氏の死を悼む…ベッケンバウアー氏「兄弟のような存在」

ベッケンバウアー
68歳で亡くなったクライフ氏(写真は2015年11月) [写真]=Europa Press via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルンや西ドイツ代表で活躍し“皇帝”の愛称で知られるフランツ・ベッケンバウアー氏が、24日に亡くなった元オランダ代表のヨハン・クライフ氏が自身の公式ツイッター(@beckenbauer)にコメントを掲載し、死を悼んだ。

 1974年に西ドイツで開催されたワールドカップで同代表のキャプテンとしてチームを優勝に導いたベッケンバウアー氏。同大会の決勝の相手は、同年代に活躍していたクライフ氏を擁するオランダ代表だった。

 ベッケンバウアー氏は「ヨハン・クライフが亡くなって、ショックを受けている。彼はとても仲が良い友人というだけでなく、私にとって兄弟のような存在だったよ」と、盟友の死を悼んだ。

 現役時代からヘビースモーカーとしても知られていたクライフ氏は1991年に心筋梗塞で倒れ、その後は医師の指導によりタバコを断っていた。昨年10月に肺がんを患っていることを公表。今月24日に68歳でこの世を去った。

欧州順位ランキング

マンチェスターC
6pt
マンチェスターU
6pt
ハル
6pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
3pt
Rマドリード
3pt
セビリア
3pt
欧州順位をもっと見る
ローマ
3pt
ジェノア
3pt
キエボ
3pt
欧州順位をもっと見る