2016.01.24

太田宏介が2戦連続のフル出場…フィテッセは首位アヤックスに敗戦

(L-R) Kosuke Ota of Vitesse, Anwar El Ghazi of Ajax during the Dutch Eredivisie match between Ajax Amsterdam and Vitesse Arnhem at the Amsterdam Arena on January 23, 2016 in Amsterdam, The Netherlands(Photo by VI Images via Getty Images)
アヤックス戦でプレーするフィテッセの太田(左) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 エールディヴィジ第19節が23日に行われ、アヤックスと日本代表DF太田宏介が所属するフィテッセが対戦した。太田は移籍後2試合連続となるスタメン入りを果たした。

 現在2連勝中のアヤックスは、18試合を終えて14勝2分け2敗と勝ち点44でリーグ首位に立っている。一方、リーグ4位のフィテッセは前節、チームを率いていたピーター・ボス氏が退任後初のリーグ戦となったが、カンブール・レーワルデンに2-0と勝利。ロブ・マース暫定監督の下、3連勝を目指す。

 試合は開始早々に動く。1分、左サイドを突破したミチェル・ダイクスがクロスを上げると、GKエロイ・ロームが弾いたところにリーシェドリー・バズールが反応。右足でシュートを放ちゴール右下に突き刺した。

 追加点を狙うアヤックスは24分、ピッチ中央でパスを受けたアンワル・エル・ガジがミドルシュートを放つ。しかしここはGKの好セーブに阻まれた。その後はこう着状態が続き、このまま1-0で前半終了のホイッスルを迎えた。

 後半に入るとアヤックスが攻勢に出る。51分、前線でボールを奪ったアミン・ユネスが左サイドをドリブル突破しそのままシュートに持ち込むと、55分にはリーシェドリー・バズールがエリア外からミドルシュートを放った。しかしいずれも得点には至らない。

 チャンスを作れないフィテッセは66分、PA付近の混戦から最後はマーヴェラス・ナカンバがミドルシュートを放つも、GKヤスパー・シレッセンの正面。ネットを揺らすことはできない。

 対するアヤックスは80分、中盤でボールを奪うと一気に攻め込む。前線でパスをつなぎ最後はエル・ガジが右足で強烈なミドルシュートを打つが、GKロームが弾きゴールを割らせない。さらに86分にはダイクスが左サイドを自陣から突破し、エリア外から左足でゴールを狙うがこれは枠を外れた。

 試合はこのまま試合終了を迎え、1点を守り切ったアヤックスが勝利を収めた。なお太田はフル出場を果たしている。

 次節、アヤックスは26日にホームでヘラクレスと、フィテッセは27日にホームでズウォレと対戦する。

【スコア】
アヤックス 1-0 フィテッセ

【得点者】
1-0 1分 リーシェドリー・バズール(アヤックス)

欧州順位ランキング

マンチェスターC
9pt
チェルシー
9pt
マンチェスターU
9pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
3pt
ウォルフスブルク
3pt
ケルン
3pt
欧州順位をもっと見る
ラスパルマス
6pt
バルセロナ
6pt
Rマドリード
6pt
欧州順位をもっと見る
ジェノア
6pt
ユベントス
6pt
サンプドリア
6pt
欧州順位をもっと見る