2016.01.17

太田が蘭デビュー戦でフル出場…フィテッセ2発快勝で2016年白星発進

太田宏介
フィテッセでのデビュー戦を戦った太田宏介(手前) [写真]=VI Images via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 エールディヴィジ第18節が16日に行われ、カンブール・レーワルデンと日本代表DF太田宏介が所属するフィテッセが対戦した。太田は移籍後最初の試合で初のスタメン入りを果たした。

 フィテッセは昨年末に行われた第17節のトゥヴェンテ戦で5-1の大勝を収めた。順位も5位でシーズンを折り返すという上々の前半戦を送った。しかし、チームを率いていたピーター・ボス氏が4日に退任。マッカビ・テル・アヴィヴに引き抜かれてしまった。ロブ・マース暫定監督の下、なんとか白星で2016年をスタートさせたいところだ。

 前半開始早々にチャンスを作ったのはフィテッセ。4分、右サイドのミロット・ラシカがエリア手前右でボールを持ち、中央へ折り返す。ゴール前のドミニク・ソランケがシュートまで持ち込めなかったが、ファーサイドのアイザイア・ブラウンがフリーとなる。しかし、右足シュートをまさかのキックミス。決定機を逃す形となってしまった。

 その後もフィテッセが相手ゴールに迫る。23分、左サイドでFKのチャンスを獲得すると、太田がキッカーを務める。左足からクロスを上げると、中央のドミニク・ソランケのヘディングシュートはGKレオナルド・ニーホイスにキャッチされてしまった。

 続く33分、カウンターからマーヴェラス・ナカンバがドリブルで持ち上がると、中央のバレリ・カザイシュヴィリへパス。カザイシュヴィリがエリア手前から右足シュートを放ったが、ここはGKにキャッチされてしまう。このまま0-0で前半終了を迎えた。

 後半の立ち上がり、フィテッセがついにスコアを動かす。48分、エリア手前でボールを受けたソランケがエリア内中央に切れ込みヒールパス。エリア内左でカザイシュヴィリがフリーとなりシュートを放ったが、ここはGKニーホイスがセーブ。しかし、こぼれ球をラシカが押し込み、フィテッセが先制に成功した。

 その後はホームのカンブール・レーワルデンにペースを握られる時間もあったが、フィテッセがなんとか抑えた。太田も味方との連携ミスからピンチを招いたが、最後のところで体を張って失点を防いだ。

 すると、試合終了間際の90分にフィテッセが再びチャンスを作る。エリア内左でボールを受けたカザイシュヴィリが個人技から追加点を決める。このままフィテッセが2-0でカンブール・レーワルデンを下した。フィテッセは2016年初戦を白星で飾った。なお、太田はフル出場している。

 次節、カンブール・レーワルデンは敵地でFWハーフナー・マイクが所属するADOデン・ハーグと、フィテッセは敵地でアヤックスと対戦する。

【スコア】
カンブール・レーワルデン 0-2 フィテッセ

【得点者】
0-1 48分 ミロット・ラシカ(フィテッセ)
0-2 90分 バレリ・カザイシュヴィリ(フィテッセ)

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る