2017.05.31

4年ぶりに欧州戦復帰のミラン、モンテッラ監督と1年間の契約延長

モンテッラ
ミランとの契約を延長したモンテッラ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ミランは30日、ヴィンチェンツィオ・モンテッラ監督との契約延長をクラブ公式サイトで発表した。

 モンテッラ監督は2019年6月30日までの新契約にサイン。これまでの契約は2017-18シーズン末までだったため、1年間の延長となった。今シーズンからミランを指揮し、昨年12月にはスーペルコッパ・イタリアでユヴェントスをPK戦の末に破ってタイトル獲得を果たした。

 セリエAでは18勝9分け11敗の6位でフィニッシュ。リーグ6連覇を達成したユヴェントスがコッパ・イタリアを3連覇したため、繰り上がりでヨーロッパリーグ予選3回戦からの出場権を獲得し、4年ぶりの欧州カップ戦出場を決めた。

 同監督は自身のツイッターで「ミランとの冒険を続けられて嬉しいよ。信頼してくれるクラブとファンに感謝したい。新たな目標に向けて取り組んでいくよ」とコメントしている。

 現在42歳のモンテッラ監督は2009年に現役を引退したのち、2011年に監督として古巣のローマに復帰。カターニア、フィオレンティーナを経て、2015年11月からヴァルテル・ゼンガ氏の後任としてサンプドリアを率いていた。だが、2016年6月にサンプドリアとの契約を解除し、2018年6月30日までの2年契約でミランの指揮官に就任した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る