2016.03.16

トッティの去就に苦悩するローマ会長「プレッシャーは想像を絶する」

トッティ
今シーズンでローマとの契約が満了するトッティ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ローマのジェイムズ・パッロッタ会長が、元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティに引退の道をどのように選ぶか促していたことを明かした。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が15日に報じた。

 アメリカのボストンにいるパッロッタ会長は「おそらく我々は、これまでのイタリアで最も偉大な選手の一人を抱えている。まだ信じられないようなクオリティーを持つ選手であるとは言え、39歳の彼は、彼にとっても、多くの人にとっても、以前のようにはプレーすることができないと、私は思っている。単に彼の肉体がかつてのようなプレーを許していない」と、トッティに敬意を払いながらも、かつてのようなプレーができなくなったことを明言した。

 さらに、「彼との契約は今シーズンで切れるが、多くの人は契約更新を望んでいる。彼の契約に関する私へのプレッシャーは、想像を絶するものだ。彼とは多くの話し合いの場を持ち、こう言った。『どのように引退するのか考えなければいけない』と。私にとっては理解するのは難しくはないことだが、数多くのユニフォームを売ってきた価値の高い選手がいるイタリアの文化ではそう考えるのは難しいものだ。今後、30年、40年、あるいは永遠に、あらゆる役割においてローマのシンボルでいるだろう」とコメント。ルチアーノ・スパッレッティ監督との確執により、現役引退の危機にあるトッティについての去就に悩まされていることを明かしている。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る