2016.03.10

セリエA得点王2回獲得の38歳…ディ・ナターレが現役引退を示唆

ディ・ナターレ
今季は1ゴールにとどまっているディ・ナターレ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ウディネーゼに所属する元イタリア代表FWアントニオ・ディ・ナターレが9日、現役引退の可能性を示唆した。同選手はイタリア誌『Undici』のインタビューでコメントしている。

 ディ・ナターレは「試合に出場する価値のある若手がいる。自分は38歳だが、プレーし走るのは、今も変わらず楽しいものだね。しかし、若手に出場機会を与えるのが正しいことだろう。ウディネーゼには多くの優れた若手がいる。ドゥバン・サパタ、(ロドリゴ)アギーレ、(スティペ)ペリツァといった選手だ。彼らはとても良くやっている。この11年、多くの選手がウディネーゼを去っていくのを見たが、多くは素晴らしいキャリアを築いている」と話し、現役引退の可能性を示唆した。

 さらに「自分とウディネーゼの関係は幸せなものだ、それはクラブとウディネの街の関係のようなものだ。それからイタリア代表にもプレーの場を与えてくれて感謝している。素晴らしい眺めを自分に与えてくれた。ユーロ出場が2回、ワールドカップ出場1回。これは、全ての選手に許されるものではないからね」と続け、代表での実績にも満足していることを明かしている。

 ディ・ナターレは2004年夏にエンポリからウディネーゼに移籍。2009-10シーズンからは2年連続でセリエA得点王に輝き、昨年11月にはリーグ戦通算200ゴールを達成した。昨シーズンはリーグ戦33試合出場で14ゴールを決めたが、今シーズンは21試合出場で1ゴールにとどまっている。

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る