2016.03.03

本田、2戦ぶりに伊メディア選定のトップ10入り「ミラン中盤の先導者」

本田圭佑
トリノ戦にフル出場を果たした本田圭佑 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イタリアメディア『Tuttomercatoweb.com』は2日、セリエA第27節のトップ10を発表し、ミランの日本代表FW本田圭佑を2試合ぶりに選出した。

 2月27日に行われた今節、ミランはトリノをホームに迎えた。ミランは45分にルカ・アントネッリのゴールで先制し、この1点を守り切ってリーグ戦2試合ぶりの勝利。5試合連続のフル出場を果たした本田は、クロスバー直撃のFKを見せるなど勝利に貢献した。

 同メディアは本田について「ミランの中盤の先導者。特にボナヴェントゥーラが振るわない試合では、チームがすがりつく優れたクオリティーを持つ選手。FKからの見事なシュートがバーを叩いた。復活」と評している。

 その他のメンバーには、首位を走るユヴェントスのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ、エンポリ戦で2得点を挙げた同FWステファン・エル・シャーラウィらが選ばれている。

■イタリアメディア『Tuttomercatoweb.com』選定のセリエA第27節トップ10選手

ボルハ・バレーロ(フィオレンティーナ)
グレゴリオ・デフレル(サッスオーロ)
レオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス)
ガブリエル・パレッタ(アタランタ)
ルーカス・カストロ(キエーヴォ)
ファビオ・クアリアレッラ(サンプドリア)
アントニオ・ディ・ナターレ(ウディネーゼ)
エマヌエレ・ジャッケリーニ(ボローニャ)
本田圭佑(ミラン)
ステファン・エル・シャーラウィ(ローマ)

欧州順位ランキング

チェルシー
63pt
トッテナム
53pt
マンチェスター・C
52pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
53pt
ライプツィヒ
48pt
ドルトムント
40pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
レアル・マドリード
52pt
セビージャ
52pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ローマ
56pt
ナポリ
54pt
欧州順位をもっと見る