2016.03.02

332日ぶりのゴール…ミランFWメネズ「支えてくれたクラブに感謝」

メネズ
2ゴールを決めたメネズ(中央) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 コッパ・イタリア準決勝セカンドレグが1日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランとレーガ・プロ(3部)のアレッサンドリアが対戦。ミランが5-0で大勝し、2試合合計スコア6-0で決勝進出を決めた。本田は右サイドハーフでフル出場を果たしている。

 試合後、ミランのフランス代表FWジェレミー・メネズがイタリアメディア『Rai』のインタビューに応じた。

 メネズは20分と39分にゴールを決め、13年ぶりの決勝進出の立役者に。自身にとって実に332日ぶりの得点だった。

 メネズは「長い間、このような夜を待ちわびていたよ。難しい時期を過ごしたけど、今は満足している。僕たちは決勝に駒を進めた。その決勝で勝ちたいと思っている」と自らのゴールとチームの決勝進出を喜んでいた。

 さらに「チームから外れて辛い思いをして、おかしなことも考えてしまった。支えてくれたクラブには感謝したい。今は前を見ている。ユーロへの出場は正直なところ、考えていない。ベストを尽くせるように努力する。もしもユーロに出場できるようなことになれば嬉しいことだね」と続け、今夏に母国で開催されるユーロ2016について言及した。

 なお、コッパ・イタリア準決勝セカンドレグのもう1試合は2日に行われ、日本代表DF長友佑都のインテルとユヴェントスが対戦する。ファーストレグはユヴェントスが3-0で制している。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る