2016.03.02

13年ぶり伊杯決勝進出…ミラン指揮官「ユーヴェとの対戦を願う」

ミハイロヴィッチ
コッパ・イタリア決勝進出を決めたミハイロヴィッチ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 コッパ・イタリア準決勝セカンドレグが1日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランとレーガ・プロ(3部)のアレッサンドリアが対戦。ミランが5-0で大勝し、2試合合計スコア6-0で決勝進出を決めた。本田は右サイドハーフでフル出場を果たしている。

 試合後、ミランのシニシャ・ミハイロヴィッチ監督が決勝への展望を語った。イタリア紙『トゥットスポルト』が伝えている。

 ミハイロヴィッチ監督は「ユヴェントスと決勝で対戦することを願っている。というのも、もしユーヴェがリーグを制することになれば、我々はコッパ・イタリア決勝とスーペルコッパに出場することになるからだ」と、コメント。セリエA覇者とコッパ・イタリアの王者がシーズン開幕前に対戦するスーペルコッパに出場するため、現在セリエA首位のユヴェントスとの対決を望んでいると明かした。

 そして、「正しいアプローチをすること、そしてこの決勝進出という目標を達成することがとても重要だった。決勝進出は13年ぶりのことだ。重要な目標を達成できたと言えるだろう。決勝のことは(開催される)5月に考えたい。今は巻き返しながら、次のサッスオーロ戦(6日のセリエA第28節)のことを考えなければならない。我々は戦いの中にいる。この精神を持ってプレーしていかなければならない」と話し、サッスオーロ戦に集中しなければならないと気を引き締めている。

 コッパ・イタリア準決勝セカンドレグのもう1試合は2日に行われ、日本代表DF長友佑都のインテルとユヴェントスが対戦する。なお、ファーストレグはユヴェントスが3-0で制している。

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る