2016.02.29

インテル戦先制点のユーヴェDF「自分たちのシーズンになり得る」

ボヌッチ
先制点を決めて喜ぶユヴェントスDFボヌッチ(中央) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第27節が28日に行われ、首位ユヴェントスがホームで日本代表DF長友佑都のインテルと対戦。2-0と快勝した。

 試合後、ユヴェントスのDFレオナルド・ボヌッチが勝利を振り返った。イタリアメディア『Sky』のインタビューに応じている。

 47分に先制点を決めたボヌッチは「勝つためには、適切な強い気持ちを持ってピッチに立つことが必要だと思っていた。(前節でボローニャと1-1で引き分けたため)再び流れを取り戻さなければならなかった」と、コメント。そして「自分にとっては勝利は格別な味だ。最後の最後まで、このような体験をしていきたい。ユヴェントスのシーズンとなり得る可能性があるだろう」と、タイトル獲得への意欲を示した。

 また、インテルを無失点に抑えたことについては「ジジ・ブッフォン(イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン)とともに素晴らしい守備を見せた試合だったが、チーム全体が良くやっていたと思う。それぞれの選手が犠牲を払い、インテルにはほとんどチャンスを作らせなかった。これが偉大なチームとなるための秘訣であると思う」と話し、チーム全員が勝利のために戦ったと強調している。

 ユヴェントスは次戦、3月2日のコッパ・イタリア準決勝セカンドレグで、インテルと再び対戦する。

欧州順位ランキング

チェルシー
60pt
マンチェスター・C
52pt
トッテナム
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
50pt
ライプツィヒ
45pt
ドルトムント
37pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
52pt
バルセロナ
51pt
セビージャ
49pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
63pt
ローマ
56pt
ナポリ
54pt
欧州順位をもっと見る