2016.02.28

本田5試合連続フル出場もFKはクロスバー直撃…ミラン勝利で9戦負けなし

ミラン
アントネッリの得点を喜ぶ本田(左)らミランの選手たち [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第27節が27日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランとトリノが対戦した。本田は右サイドハーフでリーグ戦11試合連続のスタメン出場となった。

 前節、ミランは敵地で2位のナポリと対戦した。前半から押し込まれる展開となり、先制点を許したが、本田のクロスから最後はジャコモ・ボナヴェントゥーラが同点ゴールを決め、1-1の引き分けに持ち込んだ。これで8試合負けなしとなり、ヨーロッパリーグ出場権圏内のインテルと勝点差4となっている。今節はホームでしっかりと白星を挙げ、上位進出を狙いところだ。

 開始2分、右サイドでボールを持った本田が得意の左足からクロスを入れる。鋭く落ちるボールがゴール前に入ったが、ここはエムバイェ・ニアンが合わせきれなかった。続く7分にも本田のクロスからチャンスを作ったが、ここもわずかに合わず、シュートまで持ち込めない。

 一方、トリノもチャンスを作る。14分、ブルーノ・ペレスが右サイドを突破。飛び出したGKジャンルイジ・ドンナルンマがB・ペレスのドリブルを一度防いだが、こぼれ球を拾ったチーロ・インモービレが角度のないところから狙ったが、ここは再びドンナルンマが反応した。

 その後も試合を支配するミラン。27分、エリア手前右でFKを獲得すると、本田が左足で直接狙った。しかし、ここは惜しくもクロスバーを直撃。先制点を挙げることはできなかった。

 29分、最終ラインの裏に抜けだしたインモービレが右サイドを独走。エリア内右から右足シュートを狙ったが、ここは枠を捉えきれなかった。トリノは決定機を生かすことができない。

 猛攻を続けるミラン。35分、エリア手前左でカルロス・バッカが落とすと、これを受けたボナヴェントゥーラが右足シュートを放ったが、ここはGKダニエレ・パデッリが横っ飛びでセーブした。

 スコアが動いたのは45分、右CKを獲得すると、ジャコモ・ボナヴェントゥーラのクロスをニアのユライ・クツカが頭で合わせた。シュートはミートしなかったが、こぼれ球をルカ・アントネッリがボレーで押し込み、ミランが遂に先制に成功した。直後にホイッスルが鳴り、1-0でミランがリードしてハーフタイムを迎えた。

 後半立ち上がりもミランのペースが続く。61分にはバッカがネットを揺らしたが、ここはオフサイドでゴールは取り消された。64分には左サイドのボナベントゥーラがエリア手前にマイナスのパスを出すと、走りこんだイニャツィオ・アバーテがミドルシュートを放ったが、ここも枠の右に外れてしまった。ミランは69分にニアンを下げてケヴィン・プリンス・ボアテングを投入した。

 71分、トリノはエリア手前右でボールを受けたインモービレがワントラップから右足ボレーシュート。強烈なシュートが枠を捉えたが、GKドンナルンマがビッグセーブを見せて失点を許さなかった。

 このまま1-0でミランがトリノを下し、リーグ戦2試合ぶりの勝利。9試合負けなしとなった。なお、本田は5試合連続のフル出場を果たした。

 次節、ミランは敵地でサッスオーロと、トリノはホームでラツィオと対戦する。

【スコア】
ミラン 1-0 トリノ

【得点者】
1-0 45分 ルカ・アントネッリ(ミラン)

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る