2016.02.22

モンテッラ監督が盟友トッティにラブコール「サンプドリアに来ると良い」

トッティ、モンテッラ
モンテッラ監督(右)がトッティについてコメント(写真は2011年) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 サンプドリアを率いるヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が、ローマのルチアーノ・スパッレッティ監督と対立している元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティにラブコールを送った。イタリア紙『ガッゼッタ・デッロ・スポルト』が20日に報じている。

 モンテッラ監督は、1-3と完敗を喫したセリエA第26節インテル戦の後、「フランチェスコがリスペクトを求めている? それなら、サンプドリアに来ると良い。我々は彼に敬意を払う。それ以外のことは言えない」と話し、かつてともにプレーした盟友トッティにサンプドリア加入を勧めた。

 モンテッラ監督は現役時代、1999年からローマに所属。トッティとともに2000-01シーズンのセリエAを制し、イタリア代表でもともにプレーした。指導者に転身後は2011年に古巣ローマの指揮官に就任し、トッティを指導した時期もある。

欧州順位ランキング

アーセナル
34pt
チェルシー
34pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
33pt
ライプツィヒ
33pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
31pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る