2016.02.19

インテルDFムリージョ、チームの失速認める「個人的にも良くない」

ムリージョ
インテルでプレーするムリージョ [写真]=Inter via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルのコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョが、イタリアメディア『Caracol Radio』によるインタビューに応え、チームの失速を認めた。イギリスメディア『フットボール・イタリア』がコメントを伝えている。

 今シーズンは好スタートを切り、セリエA首位で2016年を迎えたインテル。しかし1月10日の第19節でサッスオーロに0-1で敗れて3位へ転落すると、以降の6試合でわずか1勝と大失速。現在は首位ユヴェントスに12ポイント差をつけられ、5位に沈んでいる。

 ムリージョは「クリスマスまで、僕らは素晴らしいシーズンを送っていた」とシーズン前半戦振り返るも、「ウィンターブレイク明けから、チームは上手くいかなくなった。僕自身も個人的に良くない。でも、毎日しっかりと働いているよ」と現在の不調を認めた。

 また、15連勝中の首位ユヴェントスは止められないのではないかと指摘されると、「イタリアでは、どのチームも強力だし、勝つ可能性がある。ユーヴェは怒涛の巻き返しをしていて、止めることは難しいだろうけれど、僕らは目標達成のために頑張るよ」と、前向きに語った。

 次節、インテルは21日にサンプドリアと対戦する。

欧州順位ランキング

アーセナル
34pt
チェルシー
34pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
33pt
ライプツィヒ
33pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
37pt
バルセロナ
31pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る