2016.02.16

ミラン元主将が本田を絶賛「改めて信頼できる選手であることを証明した」

本田圭佑
ジェノア戦では今季初ゴールを含め、2得点に絡んだ本田 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 1995年から17年間にわたってミランでプレーし、キャプテンも務めた元イタリア代表のマッシモ・アンブロジーニ氏が、セリエA第25節のジェノア戦で今シーズン初ゴールを挙げた日本代表FW本田圭佑を称賛した。イタリアメディア『ilmilanista.it』がコメントを伝えた。

 本田は1-0のリードで迎えた64分、エリア外ゴール正面から左足を一閃。2014年10月19日のヴェローナ戦以来483日の得点を挙げた。また、コロンビア代表FWカルロス・バッカの先制点につながるクロスを供給するなど、大車輪の活躍を見せていた。

 アンブロジーニ氏は2-1でなんとか逃げ切ったジェノア戦について「ミランは最後の数分間で全てを失いかけたね」と守備の面で不安があったことを認めたが、「(シニシャ)ミハイロヴィッチ監督にとっていくつかポジティブなニュースがあった。(マッティア)デ・シリオと(ルカ)アントネッリはよくやっていたし、1つのプランとして考えられることがわかった。(リッカルド)モントリーヴォは素晴らしい試合をしたし、本田は改めて信頼を寄せられるプレーヤーであることを証明したね」とそれぞれに称賛の言葉を贈った。

 本田はこの試合で9試合連続の先発出場を果たし、シニシャ・ミハイロヴィッチ監督の信頼を取り戻した。チームも7試合負けなしと調子を上げつつあり、上位争いになんとか加わりたいところだ。

 次節、ミランは22日に敵地で2位のナポリと対戦する。

欧州順位ランキング

マンチェスター・C
18pt
トッテナム
14pt
アーセナル
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
15pt
ドルトムント
12pt
ケルン
11pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
14pt
バルセロナ
13pt
アトレティコ・マドリード
12pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
14pt
インテル
11pt
欧州順位をもっと見る