2016.02.12

マンチーニ、SB固定を選択か…伊紙が分析する長友起用の決め手とは?

長友佑都
シーズン開幕前は構想外と言われていた長友だが、今では契約延長に迫っている [写真]=Inter via Getty Images
イタリア・ジャーナリスト協会会員。ミラノ在住。

 第24節の最下位ヴェローナ戦では3-3というドローに終わったインテルだが、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が日本代表DF長友佑都について、素晴らしい考察の記事を掲載していたので紹介したい。マッテオ・ブレガ記者の分析記事は「サイドバック・ルーレット インテルはユウトとアレックス(テレス)に焦点」という見出しで、ロベルト・マンチーニ監督が数あるサイドバックの選手から、いよいよ長友とテレスをレギュラーとして定着させようとした理由を解説したものだった。

 インテルにはDFの選手が有り余っており、メルカートでの放出、人員整理が大きな課題だった。昨夏はその中に長友も含まれていた。今年1月にはアンドレア・ラノッキアとドドを放出。ターンオーバー制のやりくりで試合ごとにころころと先発選手が変わるインテルで、ここまで完全なレギュラーなのは、GKサミール・ハンダノヴィッチ、センターバックのミランダとジェイソン・ムリージョぐらいである。

 サイドバックのポジションには長友を含む6人がいた。鳴り物入りでやってきたマルティン・モントーヤがおり、シーズン開幕当初はダヴィデ・サントンの出場機会が多かった。右サイドは、マンチーニ監督が引っ張ってきたテレス。それにダニーロ・ダンブロージオ、そして中でもサイドでもやれるフアン・ジェズスがいた。そんな中、同監督はテレスと長友をサイドバックとして定着させる覚悟を決めたというもの。

 同紙によると、2月3日の第23節キエーヴォ戦では長友8本、テレス9本と両サイドバックが合計17本のクロスを上げた。中でも長友の走力とダイナミックなプレーは注目を集めるものだった。今シーズン序盤は出場機会に恵まれなかった長友だが、コッパ・イタリアや今回のキエーヴォ戦での鮮やかなプレーは同監督に強い印象を与えた。

 それは数字にも現れている。統計会社『オプタ』の調べでは、長友が相手から奪ったボール43本のうちファウルを犯したのは5回で、インテルの中でも真っ当なプレーをする一人に挙げられるという。つまり長友は、出場選手を決める監督にとって、リスクの少ない当てにできるプレーヤーとして成長したと分析している。

 この記事では「長友の将来はまだ不確かだが、今年6月までの契約を延長するというクラブとの話し合いが最終段階に来ている。冬のメルカートが閉じるラスト数日にクラブはバイエルン、レヴァークーゼンからのオファーを断った」とある。現時点では本人にもインテルから出るという気持ちは全くないと公言している。同記事の通り、長友の好パフォーマンスで指揮官の両サイド固定という選択へ、そしてインテルのチャンピオンズリーグ出場権獲得へとつながってほしいものだ。

文=赤星敬子

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る