2016.02.08

ミラン指揮官が選手を称賛…引き分けでも「がっかりすることはない」

ミハイロヴィッチ
ウディネーゼ戦を振り返ったミハイロヴィッチ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第24節が7日に行われ、日本代表FW本田圭佑のミランはホームでウディネーゼと対戦。本田は2試合連続のフル出場を果たしたが、1-1の引き分けに終わった。

 ミランのシニシャ・ミハイロヴィッチ監督が試合後、イタリアメディア『Rai』のインタビューに応じた。

 ミハイロヴィッチ監督は「勝つことができなくて残念に思う。上位との差を縮めるチャンスだった。それでも、最後の最後まで勝利を目指してチャレンジした選手たちを称えたい。輝きと運だけが足りなかったが、パフォーマンスは良かった。結果は偶発的なものだ」とコメント。引き分けという結果とはいえ、満足できるパフォーマンスであったことを強調した。

 そして「この結果にがっかりすることはない。今日のような試合を続けていく必要がある。今節は我々の上を行く2チーム(フィオレンティーナとインテル)も引き分けた。彼らとの差を縮めるチャンスだったから、勝ち点2を失ってしまったと言えるだろう。もし、改善すべき欠点であるゴール前での決定力がより高いものであれば、順位はさらに良くなっているだろう。しかし、今日のような精神を持って戦っていけば、順位が上がることは確かだ」と続け、今後もウディネーゼ戦のようなパフォーマンスを見せていきたいという見解を示した。

 ミランは次戦、14日の第25節でジェノアをホームに迎える。

欧州順位ランキング

チェルシー
31pt
リヴァプール
30pt
マンチェスター・C
30pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
30pt
ライプツィヒ
30pt
ヘルタ・ベルリン
24pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
33pt
バルセロナ
27pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
33pt
ローマ
29pt
ミラン
29pt
欧州順位をもっと見る