EURO2016特集|UEFA欧州選手権
2016.02.06

カセレス、手術成功で全治約5カ月…ユーヴェは負傷者続出で正念場

カセレス
ジェノア戦で負傷退場となったカセレス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユヴェントスは5日、同クラブに所属するウルグアイ代表DFマルティン・カセレスが右アキレス腱の手術を行ったとクラブ公式HPで発表した。

 3日に行われたセリエA第23節のジェノア戦で63分に負傷退場したカセレスは、その後の検査で右アキレス腱の断裂と診断された。5日に同箇所の手術を受けて成功。全治は約5カ月と見込まれており、今シーズン中の復帰は絶望的な状況だ。

 昨年3月には左足首を骨折し戦線離脱を余儀なくされたカセレスは、これで2シーズン続けてシーズン終盤を欠場することとなった。なお、今季リーグ戦わずか6試合の出場にとどまっている同選手は、今季限りで契約満了を迎える。

 ユヴェントスは現在、負傷者が続出している。先月27日に行われたコッパ・イタリア準決勝ファーストレグのインテル戦で双子筋を負傷したクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチが全治約1カ月。同試合で右太ももを痛めたガーナ代表MFクワドォー・アサモアも復帰まで2週間から3週間ほど要するという。

 さらに先月31日のリーグ第22節キエーヴォ戦ではドイツ代表MFサミ・ケディラが太ももを負傷し、2週間から3週間離脱すると発表されている。

 リーグタイトル獲得へ向け、13日にリーグ第25節で現在首位のナポリと対戦する。さらに、23日には2015-16シーズンのチャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦ファーストレグのバイエルン戦を控える。

 重要な試合が続く中、多くの負傷者を抱えるユヴェントス。チームの総合力が問われる正念場を迎えた。

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る