2016.02.05

ナポリDF、差別に立ち向かった主審に感謝「勇気を示してくれた」

クリバリ
ラツィオ戦に出場したナポリDFクリバリ(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 3日に行われたセリエA第23節のラツィオ戦で、相手サポーターから人種差別コールを受けたナポリのフランス人DFカリドゥ・クリバリが、試合を中断して差別に立ち向かったマッシミリアーノ・イッラーティ主審に感謝の意を述べた。イタリアメディア『Tuttomercatoweb.com』が4日に報じている。

 クリバリは自身のフェイスブックで、「とても重要な勝利だった! 僕のところに送ってくれた連体を示すためのメッセージに感謝したい。ラツィオの選手にも感謝したいが、何よりも勇気を示してくれたイッラーティ主審に感謝の言葉を述べたい。あの悪質なコールに対して、サポートしてくれたチームメイト、クラブ、そしてサポーターのみんなにもありがとうと言いたい。これからも前に進んでいこう、そしてフォルツァ・ナポリ(がんばれナポリ)!」と綴った。

 ラツィオ戦では後半24分に、イッラーティ主審が人種差別コールが止まないことで試合を中断。場内アナウンスを通じ、コールの中止を呼びかけ、4分後に再開されていた。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る