2016.02.05

ローマに朗報…長期離脱中のMFストロートマンが実戦復帰へ

ストロートマン
実戦復帰に近づくストロートマン(写真は2014年) [写真]=VI-Images via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 長期離脱を強いられているローマのオランダ代表MFケヴィン・ストロートマンが、5日に行われるプリマヴェーラ(下部組織)の一戦に出場する見込みとなった。イタリア紙『イル・テンポ』が4日に報じた。

 ストロートマンは2013年7月にPSVからローマへ移籍。2014年3月9日のナポリ戦で負傷し、左ひざ前十字じん帯断裂で約8カ月の離脱を強いられた。同年11月9日に行われたトリノ戦で実戦復帰を果たしたが、2015年1月25日のフィオレンティーナ戦で再び負傷。5カ月後に手術を受けていた。

 度重なる長期離脱を強いられてきたストロートマンは、トレーニングセンターのトリゴリアで5日に開催されるアヴェッリーノとの試合で、少なくとも前後半のどちらかは出場する予定となっている。

 なお、ようやくトップチームの復帰目処が立ったストロートマンだが、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦、レアル・マドリード戦の招集メンバーに名を連ねることはできなかった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る