2016.02.04

的確な判断でチャンス演出の長友に高評価「恐れるものは何もなかった」

キエーヴォ戦でFWペリシエ(右)と競り合う長友佑都(左) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルは3日に行われたセリエA第23節でキエーヴォと対戦し、1-0で勝利を収めた。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。右サイドバックでフル出場した長友には「6.5」をつけた。(最低1点、最高10点)

 寸評では「状況を理解するのに優れ、1-0の場面では正確なクロスを放つ。イカルディのシュートがバーを叩く美しいクロスだった。激しく闘い、ジャポネジーノ(小さなジャポネーゼ)には恐れるものは何もなかった」と、的確な状況判断とチャンスメイクで勝利に貢献した長友に高評価を与えた。

 インテルの最高点は決勝点をマークしたアルゼンチン人FWマウロ・イカルディの「7」。最も低い評価だったのは84分にピッチを退いたイタリア代表FWエデルの「5.5」だった。

 次節、インテルは7日に敵地でヴェローナと対戦する。

欧州リーグ順位表

チェルシー
93pt
トッテナム
86pt
マンチェスター・C
78pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
93pt
バルセロナ
90pt
アトレティコ・マドリード
78pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る