2016.02.04

イタリアで頻発する車トラブル…サンプドリアDFがポルシェで飲酒運転

サンプドリアに所属するDFメスバフ [写真]=Getty Images
全てのフットボールラバーに捧ぐWebマガジン

 サンプドリアに所属するアルジェリア代表DFジャメル・メスバフが、飲酒運転のために逮捕された。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。

 メスバフはかつてミランでもプレーしたことで知られるレフティーで、アルジェリア代表としてワールドカップに出場した経験もあるDF。

 2014年からサンプドリアに所属しているが、今シーズンはケガもあって7試合の出場に留まっている状況にある。記事によれば、メスバフが警察に逮捕されたのは火曜日の午前4時30分だったという。ジェノヴァの通りをポルシェで走っていたメスバフは、警察からの停止命令を受けたあとにしばらく走行を続けたものの、最終的には検査に応じることに同意した。

 その結果、基準アルコール摂取量の3倍に当たる量が検出されたほか、フランスの運転免許証を所有していなかったことも明らかになり、これらの罪によって起訴されているとのことだ。

 イタリアでは昨年アタランタのMFルカ・チガリーニ、当時リヴァプール所属のミランFWマリオ・バロテッリ、インテルのMFマルセロ・ブロゾヴィッチなどが飲酒運転で検挙されている。

(記事提供:Qoly)

欧州順位ランキング

チェルシー
60pt
マンチェスター・C
52pt
トッテナム
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
50pt
ライプツィヒ
45pt
ドルトムント
37pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
52pt
バルセロナ
51pt
セビージャ
49pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
63pt
ローマ
56pt
ナポリ
54pt
欧州順位をもっと見る