EURO2016特集|UEFA欧州選手権
2016.02.04

惜しくも直接コーナー弾ならず…本田フル出場、ミランがパレルモ撃破で連勝

本田圭佑
フル出場で勝利に貢献した本田圭佑(中央) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第23節が3日に行われ、パレルモと日本代表FW本田圭佑のミランが対戦。本田はリーグ戦7試合連続の先発出場を果たした。

 ミランは1月31日に行われた前節のインテル戦で3-0と快勝した。“ミラノ・ダービー”を制した勢いで連勝を狙う今節、シニシャ・ミハイロヴィッチ監督は先発メンバーを1名のみ変更。元ブラジル代表DFアレックスではなく、コロンビア代表DFクリスティアン・サパタをスタメンに指名した。 

 一方のパレルモは前節、カルピを相手にアウェーで1-1と引き分けた。中3日で臨むホームゲームでは、前節と全く同じ先発メンバーを起用。前線には元イタリア代表FWアルベルト・ジラルディーノが入った。

 ミランの最初のチャンスは6分。右CKを本田が蹴り込むと、ゴール方向へカーブしたボールが枠を捉える。直接ゴールかと思われたが、GKステファノ・ソレンティーノが寸前でセーブ。ゴールラインテクノロジーにより、得点は認められなかった。

 そして、先制点を奪ったのはアウェーのミランだった。18分、ハーフウェーライン付近でパスをボールを持った本田が、オーバーラップしたイニャツィオ・アバーテにパス。アバーテがクロスを上げると、ニアサイドでエムバイェ・ニアンがマークを引きつけ、背後で待っていたカルロス・バッカが押し込んだ。鮮やかな崩しからのゴールで、ミランが均衡を破った。

 リードを得たミランは、以降も攻勢をかけて追加点を狙っていく。32分には本田が強烈なミドルシュートで枠を捉え、ゴールを脅かした。そして直後、パレルモのエドアルド・ゴルダニガがペナルティーエリア内でハンド。ミランがPKを獲得し、ニアンがゴール右隅へ決めてリードを広げた。前半は2-0で終了した。

 2-0で迎えた後半開始時から、パレルモは2選手を交代。打開を図るが、反撃のゴールは生まれない。ミランも56分、リッカルド・モントリーヴォに代えてアンドレア・ベルトラッチを投入して中盤をテコ入れした。

 後半は2-0のまま推移。パレルモに押し込まれる場面も増えたが、ミランはしっかりと応戦して得点を許さない。75分にはニアンに代えてマリオ・バロテッリを投入し、前線の活性化を図った。3点目こそ生まれなかったが、最後までパレルモに反撃を許さなかった。

 試合は2-0で終了。ミランが完封勝利を収め、2連勝を果たした。本田はリーグ戦3試合ぶりのフル出場で勝利に貢献した。

 7日に行われる次節、ミランはホームでウディネーゼと対戦。パレルモは同日、サッスオーロとのアウェーゲームに臨む。

【スコア】
パレルモ 0-2 ミラン

【得点者】
0-1 18分 カルロス・バッカ(ミラン)
0-2 33分 エムバイェ・ニアン(ミラン)

Pickup

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る