2016.02.01

ジェノアMFペロッティ、ローマ到着で加入が秒読み「大きなチャンス」

1月31日に行われたフィオレンティーナ戦に出場したジェノアMFペロッティ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ローマが、ジェノアからアルゼンチン代表MFディエゴ・ペロッティを獲得することが決定的となった。1月31日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 ジェノヴァで開催されたセリエA第21節のフィオレンティーナ戦で先発出場したペロッティは、試合後にローマのフィウミチーノ空港に到着。つい数時間前までジェノアの一員としてプレーしていたが、ローマのマフラーを掲げ、「自分にとって大きなチャンス。偉大なクラブでプレーし、チャンピオンズリーグでもプレーできるだろう。移籍を嬉しく思う」と語り、ローマ加入に喜びを示した。

 今後、メディカルチェックが行われ、2020年6月30日までの契約が結ばれる模様。また、移籍形態はレンタル移籍だが、完全移籍での獲得が義務付けられている。移籍金についてはレンタル料が100万ユーロ(約1億3000万円)で、完全移籍での買い取り額は900万ユーロ(約11億8000万円)にボーナスが加わるものと予測されている。

 現在27歳のペロッティは、今シーズンのセリエAで16試合に出場し、1得点を挙げている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
20pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る