2016.02.01

ダービー勝利を喜ぶ本田…ファンの笑顔に「サッカーやってきてよかった」

本田圭佑
チームメイトとゴールを祝う本田圭佑 [写真]=Inter via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表MF本田圭佑が所属するミランは、1月31日に行われたセリエA第22節で同代表DF長友佑都が所属するインテルとの“ミラノ・ダービー”を戦い、3-0の快勝を収めた。先発出場し、アシストを記録するなど勝利に貢献した本田が、試合後の取材に応じている。

 試合は35分、右サイドの本田が左足で上げたクロスからDFアレックスがヘディングシュートを決めて先制。対するインテルは69分にPK獲得したが、これをFWマウロ・イカルディがポストに当ててしまう。すると直後の73分にFWカルロス・バッカ、77分にFWエムバイェ・ニアンが立て続けに得点を挙げ、ミランがライバルとの一戦を制した。

 ダービー勝利について本田は、「僕以上にイタリア人がダービーの重要性をわかっていた。僕はみんなが喜んでいると意外と客観的に見てるタイプなんで。ワールドカップもチャンピオンズリーグもそうだったし」と、チームメイトが喜ぶ姿を眺めていたことを明かすと、「でもみんなの笑顔を見ているとうれしい。何よりもファンの、選手の笑顔を見ているその笑顔がスーパーであればあるほど、やっぱりサッカーやってきてよかったな、と思える瞬間です」と改めて喜びを噛み締めた。

 しかし、勝利には満足感を示している本田だがチームにはさらなる改善を求めている。特に若手選手の意識には改革が必要だと感じているようで、普段から檄を飛ばしているという。

「練習から若手の選手には全員に言ってますけど。こいつら明日(試合翌日)、勝ったからみんな中でマッサージだけ受けて終わるんです。例えば、僕は走るんですけど、『お前ら何歳や。W杯出たんか、CLに出たんか。ダービーに勝ったぐらいでお前、それで翌日練習しないってどういうことなんや』っていう話をして。あいつらは『何を言ってるんだよ』という感じで、表情で『疲れてるんだよ』みたいなこと言うんですよ。アホかこいつらって。だから僕の言っていることを本気で受け止めるかはあいつら次第だと。少なくとも今のミランの選手は世界トップではないんで、どれだけ謙虚に向上心を持って若い選手がスーパーなミランを取り戻す、もしくは移籍でビッククラブ、さらに強いチームに行く、こういうことを目指している野心的な選手をもっとミランが作っていかないといけない」。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る