2016.01.29

合流初日に負傷…ナポリ新加入のグラッシ、右ひざ手術で3週間の離脱

グラッシ
ナポリでの練習初日に負傷したグラッシ(写真はアタランタ所属時) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アタランタからナポリに移籍したU-21イタリア代表MFアルベルト・グラッシが、約3週間の離脱を強いられることとなった。イタリア紙『ガッゼッタ・デッロ・スポルト』が28日に報じている。

 27日に移籍が発表されたグラッシは同日にナポリの練習に合流したが、右ひざを負傷。翌28日、ローマのヴィッラ・ストゥアルト病院で半月板の内視鏡手術を受けた。報道によると、同選手は約3週間の離脱を強いられる見込みだ。

 グラッシは1995年生まれの20歳。アタランタの下部組織出身で、2014年11月にセリエAデビューを果たした。今シーズンはセリエAで13試合に出場している。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る