2016.01.28

3失点完敗は“大げさな”結果…インテル指揮官「内容は拮抗」

マンチーニ
ユヴェントスに0-3で敗れたインテルのマンチーニ監督(左) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 コッパ・イタリア準決勝ファーストレグが27日に行われ、ユヴェントスと日本代表DF長友佑都が所属するインテルが対戦。長友がフル出場したインテルは0-3で敗れ、決勝進出が厳しい情勢となった。試合後、ロベルト・マンチーニ監督が敗戦を振り返った。イタリア紙『トゥットスポルト』が伝えている。

 マンチーニ監督は「拮抗した試合だったが、PKが全てを変えた。そしてカウンターから2点を取られた」と、36分にスペイン代表FWアルバロ・モラタに決められたPKによる先制点が大きな影響を与えたとの見解を示しつつ、「ユヴェントスは勝利に値する試合をしたが、0-3というのは大げさな結果だ。だが、これがサッカーだ」とコメント。3点差がつくほどの試合内容ではなかったと主張した。

 そして、加入が濃厚と報じられているサンプドリアのイタリア代表FWエデルについては「状況はどうなのか、私は分からない。ただ確実なのは、リーグ戦でとても役立つ選手だということだ」と、移籍進展については明言を避けたが、チームにとって有益な補強になるとの見解を示している。

 なお、ユヴェントスとの準決勝セカンドレグは3月2日、インテルのホームで行われる。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る