2016.01.28

長友フル出場のインテル、ユーヴェ相手に3失点完敗…モラタが2得点

長友佑都
ユヴェントス戦で先発出場した長友佑都(左手前) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 コッパ・イタリア準決勝ファーストレグが27日に行われ、ユヴェントスと日本代表DF長友佑都が所属するインテルが対戦した。長友は左ウイングバックで先発出場している。

 インテルは準々決勝でセリエAの首位に立つナポリを撃破。5年ぶりの優勝に一歩近づいた。一方、連覇を目指すユヴェントスは準々決勝で前回準優勝のラツィオと対戦。昨年度の決勝と同一カードを制し、2年連続の決勝にあと一歩のところに迫った。この日、インテルは3バックを採用。右ウイングバックにDFダニーロ・ダンブロージオ、左ウイングバックに長友を起用した。一方、ユヴェントスはアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラを温存。スペイン代表FWアルバロ・モラタとクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチが2トップを組んだ。

 開始から両チームともに主導権を握ろうと、せめぎ合いが続く。14分、ユヴェントスが左サイドでFKを獲得。フアン・クアドラードが右足で速いボールを入れると、ボールはガリー・メデルが広げていた右腕に当たる。エリア内であったため、ユヴェントスの選手は一斉にハンドを主張したが、主審はCKを指示。インテルはラッキーな形で難を逃れた。

 続く21分、中盤でボールを受けたクアドラードがドリブル突破。フェリペ・メロをかわして右足で鋭いシュートを放ったが、ここはわずかに枠の左に外れてしまった。

 拮抗した展開が続いたが、試合が動いたのは36分。右サイドからカットインしたクアドラードが中央のモラタとワンツーを仕掛ける。モラタが浮き球のパスを出すと、エリア内でクアドラードが受けてドリブル。これをジェイソン・ムリージョが倒してしまい、今度はユヴェントスにPKが与えられた。これをキッカーのモラタがゴール左上に蹴りこみ、ユヴェントスが先制に成功した。不振が続いていたモラタは、昨年10月4日のセリエA第7節ボローニャ戦以来116日ぶりのゴールとなった。このまま1-0でユヴェントスがリードして前半終了を迎える。

 後半は1点を追うインテルが徐々にペースを握るが、なかなか決定機を生み出せない。すると63分、逆にユヴェントスがチャンスを迎える。エリア内左でこぼれ球を拾ったパトリス・エヴラがマイナスの折り返しを送る。これがゴール前のメロに当たると、こぼれ球を拾ったモラタが素早くターンして右足シュート。これがゴール右上に決まり、ユヴェントスが追加点を決めた。

 インテルは直後の64分にメロを交代させ、マルセロ・ブロゾヴィッチを送り込んだ。しかし、70分、ユヴェントスのカウンターから長友がクアドラードに振り切られると、エリア手前でカバーに入ったムリージョがファウルで倒してしまう。ムリージョはこの日2枚目のイエローカードを受けて退場。インテルは10人での戦いを強いられることになった。

 77分に両チームともエースを投入する。ユヴェントスはマンジュキッチを下げてディバラをピッチに送り込み、インテルはジョナタン・ビアビアニーに代えてマウロ・イカルディを入れた。直後の78分、右サイドでパスを受けたポール・ポグバがDFとGKの間に低く速いクロスを入れる。ファーサイドのモラタがフリーで合わせたが、ここはわずかに枠の上に外れてしまった。

 インテルはなんとか反撃に転じたいところだったが、84分に決定的なゴールが入る。ユヴェントスは中盤の底でボールを持ったクラウディオ・マルキージオがジョルジョ・キエッリーニへパスをつなぐと、キエッリーニがクワドォー・アサモアへタテパスを送る。アサモアがエリア手前左から中央へパスを出すと、これを受けたディバラが左足一閃。低く速いシュートがゴール正面に飛ぶと、GKサミール・ハンダノヴィッチはこれに反応することができず、大きな3点目が入った。

 このまま3-0でユヴェントスが先勝し、決勝進出に王手をかけた。なお、長友はフル出場している。

 セカンドレグは3月2日にインテルのホームで行われる。

【スコア】
ユヴェントス 3-0 インテル

【得点者】
1-0 36分 アルバロ・モラタ(PK)(ユヴェントス)
2-0 63分 アルバロ・モラタ(ユヴェントス)
3-0 84分 パウロ・ディバラ(ユヴェントス)

欧州順位ランキング

マンチェスターC
18pt
トットナム
14pt
アーセナル
13pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
15pt
ドルトムント
12pt
ケルン
11pt
欧州順位をもっと見る
Rマドリード
14pt
バルセロナ
13pt
Aマドリード
12pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
15pt
ナポリ
14pt
インテルミラノ
11pt
欧州順位をもっと見る