2016.01.27

伊紙、攻撃陣を停滞させた本田に最低点「試合終了を待たずに消えた」

本田圭佑
アレッサンドリア戦にフル出場を果たしたミランFW本田圭佑 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランは26日に行われたコッパ・イタリア準決勝ファーストレグでアレッサンドリアと対戦し、1-0で勝利を収めた。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。右MFでフル出場を果たした本田にはチーム最低点となる「4」をつけた。(最低1点、最高10点)

 寸評では、「まるで渋滞があったため料金所の入り口で時間を潰しているようだった。40分にはバロテッリに正確なパスを放ち試合に入ったが、2-0とするゴールをミス。おそらく料金所出口の渋滞を避けるためのものだったのだろう。試合終了を待たずに消えた」と、攻撃陣を停滞させたとして低評価を与えた。

 ミランの最高点は先制点となるPKを獲得したDFルカ・アントネッリの「6.5」。85分までプレーしたMFケヴィン・プリンス・ボアテングが本田と並び、最低点となる「4」と厳しい評価を受けている。

 ミランは31日、セリエA第22節で日本代表DF長友佑都が所属するインテルをホームに迎える。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
31pt
マンチェスター・U
23pt
トッテナム
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
26pt
ライプツィヒ
22pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
インテル
30pt
欧州順位をもっと見る