EURO2016特集|UEFA欧州選手権
2016.01.25

ユーヴェがローマを下し破竹の11連勝…絶好調ディバラが決勝ゴール

ディバラ
決勝ゴールを決めたユヴェントスFWディバラ(左) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第21節が24日に行われ、ユヴェントスとローマが対戦した。

 前節のウディネーゼ戦で4-0の大勝を収めたユヴェントスは、これでリーグ戦10連勝を飾った。一時は16位まで沈んでいたが、現在は首位ナポリに勝点2差の2位につけている。また、20日に行われたコッパ・イタリア準々決勝のラツィオ戦でも勝利を収めてベスト4に進出した。一方、リュディ・ガルシア前監督が退任したローマは、後任にルチアーノ・スパレッティが就任。しかし、前節の最下位ヴェローナ戦でもまさかのドローに終わり、初陣を勝利で飾ることはできなかった。ローマはこの日、3-6-1のフォーメーションを敷き、イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシが最終ラインに入った。

 この試合、最初のチャンスを作ったのはユヴェントス。10分、エリア手前右でFKを獲得すると、パウロ・ディバラが左足でシュートを狙ったが、ここはGKヴォイチェフ・シュチェスニーの正面だった。続く12分、エリア手前でクラウディオ・マルキージオからパスを受けたディバラがターンして左足シュート。しかし、ここはDFに当ってゴール左に外れた。

 その後もペースを握るのはユヴェントス。20分、レオナルド・ボヌッチが最終ラインから前線にロングボールを送ると、前線で抜けだしたディバラが絶妙なトラップから左足ループシュート。ボールはクロスバーに直撃したが、ディバラがオフサイドポジションにいたとして、プレーが止められた。続く23分、ディバラのクロスを受けたパトリス・エヴラがワントラップから左足シュート。一度は相手DFに防がれたが、もう一度自ら拾ってシュートまで持ち込んだ。しかし、ここは枠の右下に外れてしまい、チャンスを生かすことはできなかった。

 一方、ローマは37分、左サイドのリュカ・ディーニュがクロスボールを入れると、ゴール前でエディン・ジェコが競り勝った。ファーサイドに流れたボールをアレッサンドロ・フロレンツィがボレーシュートで狙ったが、ここは枠の右上に大きく外してしまった。試合はユヴェントスが押し気味に進めながらも、このまま0-0で前半を終えた。

 後半もユヴェントスが試合を支配する。ユヴェントスは66分にシュテファン・リヒトシュタイナーを下げ、フアン・クアドラードを投入した。すると68分、左サイドでジョルジョ・キエッリーニからパスを受けたクアドラードが、中央へ切り込み右足シュート。低く速いシュートだったが、ここはGKシュチェスニーが防いだ。続く69分、クアドラードが高いボールのクロスを入れると、エリア手前でポール・ポグバがヒールパス。マリオ・マンジュキッチがこれをダイレクトで左へはたき、走りこんだエヴラが左足シュートを放ったが、またしてもシュチェスニーの好セーブに阻まれた。

 均衡が崩れたのは77分、中盤でボールを受けたディバラがサミ・ケディラへ落とすと、ケディラが左サイドのポグバへパス。ポグバはそのまま左サイドを駆け上がり、エリア手前左から最終ラインの裏へスルーパスを送る。すると抜けだしたディバラが左足でゴール右下に流し込み、ユヴェントスが遂に先制点を手にした。ディバラは2試合連続の今シーズン12点目となった。

 苦しくなったローマにビッグチャンス。81分、途中出場のセイドゥ・ケイタが左足でアーリークロスを入れると、ゴール前のジェコがワントラップからシュートを放ち、ゴールネットを揺らした。しかし、直前にアンドレア・バルザーリを押していたとして、ファウルの判定となった。

 続く89分、ローマはエリア手前でFKを獲得すると、ミラレム・ピアニッチが直接シュート。しかし、ボールは壁をかすめ、わずかに枠の上に外れてしまった。このまま1-0でユヴェントスがローマを下した。これでユヴェントスはリーグ戦11連勝を飾った。

 次節、ユヴェントスは敵地でキエーヴォと、ローマはホームでフロジノーネと対戦する。

【スコア】
ユヴェントス 1-0 ローマ

【得点者】
1-0 77分 パウロ・ディバラ(ユヴェントス)

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る