2016.01.20

マンチーニ監督、ナポリ指揮官の差別発言に激怒「自分を恥じるべき」

マンチーニ
ナポリ戦で指揮を執るインテルのマンチーニ監督 [写真]=Inter via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルのロベルト・マンチーニ監督が、19日にコッパ・イタリア準々決勝で対戦したナポリのマウリツィオ・サッリ監督から差別発言を受けたことを明かした。試合後、イタリアメディア『Rai』が伝えている。

 マンチーニ監督は、ナポリに2-0と勝利を収めて準決勝に駒を進めたものの、サッリ監督の発言に憤慨。「サッリとの口論? そのことについてはサッリに尋ねるべきだ。彼は人種差別者だ。彼のような男は、サッカーの世界にいてはならない。自分は5分のアディショナルタイムについて第4審判に質問しうようと立ち上がった。すると、サッリは私に向かって『ゲイ! 同性愛者!』と叫んできた。彼は60歳。発言を恥じるべきだ。イングランドでこのような振る舞いをする人間は、もはやピッチで見られないだろう」と口論に達した理由を説明した。

 さらにマンチーニ監督は、「ロッカールームでサッリを探しに向かった。すると彼は私に『すまなかった』と言った。私は『自分を恥じるべきだ』と返したよ」と続け、サッリ監督が謝罪したことを明かしたものの、怒りが収まらずにいた。

 一方、サッリ監督も試合後、「私は(ドリース・)メルテンスの退場で苛立っていた。マンチーニ監督に対してではなかった。彼が提示されたアディショナルタイムの長さに不満を漏らしていたため、ついつい言葉を発してしまった」と侮辱的な発言があったことを認めたうえで、「しかし、ピッチの上で起こりうることで、その場で終わらせる話だ。何も起こらなければ、良かったのだが、私にとってはピッチの上での口論であった。今は彼からの謝罪を待っている」とコメント。

 続けて、「同性愛への偏見だと言うのはよしてくれ。大げさな話だ。私はその時激昂していた。マンチーニに対して怒っていたわけではないし、悪意も一切なかったんだ。私は何を言ったかも覚えていないんだよ」と弁明している。

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る