2016.01.19

3部のアレッサンドリアが80年ぶり伊杯4強進出…準決勝でミランと対戦

アレッサンドリアの主将モレーロら(写真は昨年12月) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 コッパ・イタリア準々決勝が18日に行われ、レーガ・プロ(3部)のアレッサンドリアがセリエBのスペーツィアを1-2で破り、準優勝した1936年以来の準決勝進出を決めた。3部相当のクラブがベスト4に入ったのは1984年のバーリ以来32年ぶりとなる。

 試合後、イタリアメディア『Rai』のインタビューに応えたアンジェロ・グレグッチ監督は「この勝利の大部分は、選手たちの功績によるもの。この難しい試合の数々で称賛するプレーを見せてくれた。PKでリードを許したが、常にバランスを保ちながら、プレーすることをチャレンジした。準決勝に進出し、輝かしい街とクラブを代表することを誇りに思う。とても素晴らしい夜となった。そしてこの勝利を(2012年4月14日にピッチの上で倒れ逝去した)ピエルマリオ・モロジーニに捧げたい」とコメントした。

 そして、奇しくも準優勝した80年前と同じ組み合わせとなった日本代表FW本田圭佑が所属するミランとの準決勝については「勝てる確率については話したくない。ピッチの内外で、スポーツマンシップ、正しい行動と姿勢を持って、3部リーグのサッカーを代表することがとても重要だと言いたい」と言明し、所属するレーガ・プロを代表してミランと戦いたいと意気込みを語った。

欧州順位ランキング

チェルシー
69pt
トッテナム
59pt
マンチェスター・C
57pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
62pt
ライプツィヒ
49pt
ドルトムント
46pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
65pt
バルセロナ
63pt
セビージャ
57pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
73pt
ローマ
65pt
ナポリ
63pt
欧州順位をもっと見る