EURO2016特集|UEFA欧州選手権
2016.01.15

ゼマン監督が古巣ローマの戦略に苦言「優れた選手を売却している」

ゼマン
昨季途中まではカリアリを率いていたゼマン監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 かつてローマの指揮官を務め、現在はスイスのルガーノを率いているズデネク・ゼマン監督が、リュディ・ガルシア監督を解任し、ルチアーノ・スパレッティ氏を新監督に任命したローマに苦言を呈した。イタリアメディア『Sky』が報じている。

 ゼマン監督は同メディアのインタビューに応じ、「ガルシア監督は1年目は良くやった。2年目もまずまずの成績を残したが、3年目の今シーズン、チームは窮地に陥ってしまっている。私は今ローマにいないので原因は分からないが、通常、クラブはチームが良い方向に行くことを願いながら、我々監督を交代させている。必ずしも常にというわけではないが」とコメント。

 続けて、「私がローマを指揮したときは、私の方針のもとに働くことはできなかったね。クラブ側には何かしら不足するものがあった。クラブは『優勝したい』、『世界最高のクラブの一つになりたい』と言いながら、優れた選手を売却している。これでは到底、そのようなことを達成することはできない」と言及し、クラブの戦略を非難した。

 また、元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティについては、「引退する年齢ではあるが、まだ、クラブを助けたいという意欲と可能性があるか見る必要がある。彼は何年もローマを背負ってきて、ずっとローマで最も重要な選手だった。今の彼はもはやそのような選手ではないが、他の選手にはないクオリティを持った選手である」と話し、以前のようにチームを牽引する力は失ったが、まだ違いを生み出せる選手だと強調している。

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る