2016.01.14

伊紙、本田の先制点アシストを高評価「まぎれもなく貴重なもの」

本田圭佑
カルピ戦で1アシストを記録したミランFW本田圭佑 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表MF本田圭佑が所属するミランは13日に行われたコッパ・イタリア準々決勝でカルピと対戦し、2-1の勝利を収めて準決勝進出を果たした。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。右MFでフル出場を果たし、先制ゴールをアシストした本田には「6」をつけた。(最低1点、最高10点)

 寸評では「いくつかの良いプレーがあったが、集中力を欠き、軽いプレーもあった」とパフォーマンスを厳しく評価されたが、「先制点となった(カルロス)バッカへのアシストは恐らく意図的なものではなかったが、まぎれもなく貴重なものだった」と、2試合連続となるアシストには、高評価を与えている。

 ミランの最高点は1ゴール1アシストを記録したFWカルロス・バッカの「7」。一方、DFマッティア・デ・シリオにチーム最低点となる「5」がつけられた。

 ミランは、17日にセリエA第20節でフィオレンティーナをホームに迎える。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る