EURO2016特集|UEFA欧州選手権
2016.01.11

インテル、痛恨黒星で首位陥落…ユーヴェ9連勝で2位浮上/セリエA第19節

during a Real Madrid training session at Valdebebas training ground on January 5, 2016 in Madrid, Spain.
インテル(左上)、ナポリ(左下)、ユヴェントス(右上)、ローマ(右下) [写真]=Getty Images,Inter via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第19節が9日と10日に各地で行われた。

 日本代表DF長友佑都が先発出場した首位インテルは、ホームでサッスオーロと対戦。試合終了間際の後半アディショナルタイムにPKを献上し、先制点を許す。長友は2試合連続のフル出場を果たすも、チームは敗戦を喫し、首位の座を譲り渡した。

 そのインテルを勝ち点差「1」で追うナポリとフィオレンティーナは明暗が分かれた。ホームでラツィオと対戦したフィオレンティーナは、前半に先制点を許すと、後半アディショナルタイムにも追加点を奪われる。その後1点を取り返すも、終了間際にダメ押し点を献上し、3試合ぶりの敗戦。一方のナポリは、前半にFWゴンサロ・イグアインのゴールなど2得点を奪うと、後半にも3ゴールを挙げて、フロジノーネに敵地で完勝を収めた。

 8連勝で首位と勝ち点差「3」の4位まで順位を上げてきたユヴェントスは、敵地でサンプドリアと対戦。MFポール・ポグバの得点で前半を1点リードで折り返すと、後半開始早々にもMFサミ・ケディラのゴールで追加点を奪う。その後、1点を取り返されるが、リードを守りきり、9連勝を達成。インテルとフィオレンティーナを抜いて2位に浮上した。

 5位ローマは、ホームに日本代表FW本田圭佑が所属するミランを迎えた。試合開始すぐに、DFアントニオ・リュディガーの得点で幸先良く先制に成功し、1点リードで後半を迎える。後半に入って50分、本田のクロスをMFユライ・クツカが頭で合わせて、ミランが同点に追いつき、その後は互いに勝ち越し点を奪えず、1-1のドロー。本田は2試合ぶりにフル出場を果たしている。

 その他の試合結果は以下のとおり。

■セリエA第19節結果

▼9日開催
カルピ 2-1 ウディネーゼ
フィオレンティーナ 1-3 ラツィオ
ローマ 1-1 ミラン

▼10日開催
インテル 0-1 サッスオーロ
アタランタ 0-2 ジェノア
ボローニャ 0-1 キエーヴォ
フロジノーネ 1-5 ナポリ
ヴェローナ 0-1 パレルモ
トリノ 0-1 エンポリ
サンプドリア 1-2 ユヴェントス

Pickup

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る