2016.01.11

ユーヴェが破竹の9連勝達成…フィオレンティーナを抜いて2位浮上

ユヴェントス
ゴールを喜ぶユヴェントスの選手たち [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第19節が10日に行われ、サンプドリアとユヴェントスが対戦した。

 前半戦の最終節を迎えたセリエA。13位に沈むサンプドリアだがここ2試合で連勝を飾っており、後半戦の巻き返しに向けて3連勝を目指す。対するユヴェントスは怒涛の8連勝中。今節、インテルとフィオレンティーナが敗れたため、勝てば2位に浮上する。MFクラウディオ・マルキージオが出場停止となっている中盤の底にはMFエルナネスが起用された。

 試合は17分にユヴェントスのゴールで動く。敵陣でボールを持ったレオナルド・ボヌッチがエリア内左に浮き球のパスを供給すると、ポール・ポグバが胸トラップで反転し、左足でボレー。このシュートがゴール右隅に決まった。

 先制点を奪われたサンプドリアはサイドからの攻撃を中心に反撃を試みるが、ユヴェントス守備陣を崩し切れず、なかなかシュートまで持ち込めない。40分にはエリア手前やや左寄りの好位置でFKを獲得したが、フェルナンドが直接狙ったシュートは壁にブロックされてしまった。試合は1-0のまま前半を折り返す。

 すると後半立ち上がりの46分にユヴェントスが追加点を奪う。パウロ・ディバラからのスルーパスに抜け出しGKと1対1の局面を迎えたサミ・ケディラが右足アウトサイドでゴール右隅に流し込んだ。

 サンプドリアは64分、最前線で縦パスを受けたアントニオ・カッサーノがエリア内右のカルロス・カルボネロに預けゴール前に侵入。リターンパスを受けるとワントラップから右足のシュートを枠の左下に決め、1点差に詰め寄る。

 しかし反撃はこの1点に留まり、試合は2-1で終了。ユヴェントスが9連勝で前半戦を締めくくり、ナポリと勝ち点差「2」の2位に浮上した。

 次節、サンプドリアは17日にカルピと、ユヴェントスも同日にウディネーゼと、それぞれ敵地で対戦する。

【スコア】
サンプドリア 1-2 ユヴェントス

【得点者】
0-1 17分 ポール・ポグバ(ユヴェントス)
0-2 46分 サミ・ケディラ(ユヴェントス)
1-2 64分 アントニオ・カッサーノ(サンプドリア)

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る